IdleMoments

"IdleMoments" is a party for the musicians who advocate a new sound in Japan, Osaka,Kyoto. / The activity is performed by taking the form of the live / installation. / In the 2010s while all music will enter time of confusion, we strive for the pursuit of a new possibility, and the excavation of the talent./ Playing together is realized there by artists with various musicality that it cannot bundle with the word "electronic music"./ What is born to the involved inside beyond locality or a field. / What it is,you need to come to the spot, and please show clearly , and become the witness.

TOPICS

■next party

INTEL ver 2.0 feat.TCF (Liberation Technologies, from Norway) / Afterhours (Not Not Fun,from LA)

INTEL WEB

 

2015.4.8 (wed)
at CEKAI, Kyoto office
17:00 open – 21:00 close
fee: 2000 yen

 

LIVE
TCF (Liberation Technologies, from Norway)
Afterhours (Not Not Fun,from LA)

DJ
Masahiko Takeda (IL Y A/Récit Records)
Madegg (flau/Day Tripper)

 

チケット予約/お問い合わせ

 

  

 

 

ABOUT

IdleMoments is -

 

エレクトロニクスを用いたモダンサウンド、及び次世代のクリエーターを発掘・紹介するアート・プラットフォームとしてのライブセッション。

音×映像×メディア×アート、あ­らゆる観点から音楽/2010年代以降のカルチャーの可能性を追求し、ジャンルを越えて楽しめるシームレスな環境/空間を提供します。

 

 

————————–

 

※IdleMomentsではイベントに出演して頂ける方を募集しております。ライブアクト、DJ、VJ問いません。ご興味のある方は、イベント当日音源をスタッフに渡して頂くか、メールフォームより作品のリンクやプロフィールを貼ってお送り下さい。

Contact

お問い合わせ内容(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

チケット枚数(チケット予約の方のみ)

メッセージ本文

  大盛況に終わったD/P/Iのジャパン・ツアーに続き今度はノルウェーからの謎の暗号TCF (Liberation Technologies) とLAのSFビート作家Afterhours (Not Not Fun)の初来日となるジョイント・ツアーが緊急開催! 京都公演では世界株式会社の古民家オフィスを借り、エクスペリメンタルなライブイベントを開催いたします!!   ARCAやJam Cityを招聘、Lotic (Tri Angle) や M.E.S.H. (PAN)がメンバーでもあるベルリンのポスト・インターネット世代による新鋭クルー〔Janus〕へ参加、Laurel Halo、British Murder Boys、Powell、Mark Fell、Vessel、Container、Lukidといったシーンを超えた濃厚なリリースで着実に支持を得る〈Mute〉のサブレーベル〈Liberation Technologies〉よりデビュー、暗号をテーマとする謎のTCFとブレードランナーのようなSF感のあるダウンテンポで不思議な近未来像を描く〈Not Not Fun〉のAfterh [...]

      TCF (Liberation Technologies) ノルウェーのコンテンポラリー・アーティスト、ラーズ・ ホルドハスのソロ・プロジェクト。ヴィジュアル、音響、構築、記述されたコンセプトを用いて、記号、暗号、作曲をテーマとした作品を探求し、ミュージック・コンクレート、グリッチ、ハードスタイル、ハードコア、ポエトリー、デジタル・アートを参照とした世界を創作している。ライブではエキシビジョンやパフォーミング・アーツを行い、ヴェネチアのHHDMで行われたLook…No Hands、プラハのポーランスキー・ギャラリーでのDriving Fast Nowhere, ベルリンではVaultでのAccess Speedへ参加。 作品のタイトルや記述はすべて暗号化されたテキストであり、作品自体にその鍵が隠されている。2011年よりCracksmurfという名義で多数の作品をリリースを始め、2013年に〈YYAA〉から限定50枚のファースト・カセットテープ、昨年〈Mute〉傘下の〈Liberation Technologies〉から暗号のテーマをより探求し [...]

    Afterhours (Not Not Fun) LAのニコラス・マルキンのソロ・プロジェクト。元LA Vampiresのメンバーでもあり、Sun ArawやAnenonの作品へも参加。2012年よりダウンテンポなエレクトロニック・ミュージックを作り始め、〈Not Not Fun〉よりデビューEP『Sleepwalker』を同年に発表。シンセサイザー、サンプリング、ブレイクビーツを用いた初期Boards Of CanadaやBochum Weltのようなノスタルジックでゆったりとしたダウンテンポを披露。続く同レーベルからのデビューLP『Lowlife』(2014)はラウンジ感のあるレイドバックなダウンビートやディープ・ハウスも交え、自身の特色でもある夜行性を深めたしっとりとした艶のある作品へ、Pitchforkではトリップホップとも称される。最新作『Post-Geography』(Not Not Fun)は近未来の都市を想起させるエレクトロな作品となっている。 https://soundcloud.com/afterthehours https://www. [...]